MENU

発酵食品や食物繊維も積極的に擾りましょう

良質な油をサラダのドレッシングなどで適量摂取することも必要。
太ると勘違いして完全ノンオイルにすると、ダイエットの妨げになるだけでなく、
ホルモンバランスを崩したり、 肌荒れ、 便秘の原因になるので注意。

 

また、気をつけたいのは酵素のムダ遣いになる食材の摂取です。

 

白砂糖は、腸内を悪玉菌だけにするだけでなく、 発ガン性物質をつくり出します。
ケーキや和菓子など、市販のお菓子にはほとんど含まれているので、
どうしても甘いものが食べたくなったら、羅漢果糖やメープルシロップなど
精製していない甘味料を使って手づくりしましょう。

 

その他にも、肉や魚、食品添加物はなるべく控えたほうが無難です。

 

どうしても外食や付き合いで食べる場合は、
生野菜やフルーツも一緒にオーダーするとGood。

 

 

酵素のムダ遣いになるNG食材

 

せっかく酵素をたくさん摂っても、それを台無しにしてしまう酵素抑制食材があります。
以下の食材はなるべく控えまし ょ う 。

 

 

 

自砂糖
白砂糖の成分であるショ糖は、ブドウ糖と果糖がくっついてできたもので、
消化酵素を大量に消費します。
腸内の悪玉菌を増やすだけでなく、活性酸素を発生させ
老化の原因となるほか様々な病気を引き起こします。

 

市販の洋菓子や和菓子、チョコレートなどのお菓子にはほとんど含有されています。

 

 

肉や魚などの動物性たんぱく質
肉や魚、卵、乳製品などの動物性たんぱく質は、
消化するのに多大なエネルギーを要します。
消化しきれなかった分は腸内に残り、腐敗して悪玉菌を増殖。

 

『疲れているときには肉を食べよう』とよくいわれますが、それは逆効果。
動物性たんぱくを食べるときは、必ず生野菜と一緒に摂ったほうが無難です。

 

 

食品添加物
ハムやソーセージ、ベーコン、インスタ ントラーメン、お菓子、
清涼飲料水などに含まれている食品添加物には酵素の働きを抑制したり
浪費するだけでなく発ガン性を高めるといわれています。

 

食品を買うときは裏のラベルをチェックし て、添加物のないものを選ぶクセをつけましょう。

 

酵素でわかったダイエットと美容の新常識
今まで「ダイエットにはコレが効く」「これを食べてはいけない」といわれていたのが、
じつは間違いだったというのも実際はとても多いのです。

 

 

生野菜は冷えない

 

「サラダを食べると冷える 」と思って 、生野菜を避けている人は多いのでは ?
生野菜を食べると冷えたような感じがしますが、それは一時的なもの。

 

しばらくすると酵素が働きだし 、末梢の毛細血管まで血流がスムーズに。
かえって冷えが改善し ます。

 

果物は太らない

 

「果物は甘いから太る」というのは間違い。

 

果物の甘さのもとである果糖やブドウ糖は消化がよく 、
体内酵素をムダ遣いせず胃腸に負担もかけません。

 

また、果物の80〜 90%が良質な水分であり、ビタミン、ミネラルや
繊維質も豊富。

 

たくさん食べても太りません

 

 

油は太らない

 

油には「太る」「カラダに悪い」とい うイメージがあります。

 

もちろん摂り過ぎは、太るもととなるけれど、全く摂らないのも逆効果。

 

油はホルモンの原料となり、便をスムーズに排出させる役割が。

 

フラックスオイル(亜麻仁油 )、 えごま油、シソ油などの良質な油は、
適度に摂ることが必要です。

 

 

カロリーを減らしてもヤセない
「力ロリーが低いから大丈夫」という理由で食べ物を選んでも、加熱食ばかり食べていたり、
添加物や悪質な油を摂っていては逆効果。

 

また、低力ロリーなものばかり食べていると、ビタミンやカルシウムが不足し肌荒れや便秘に。
大切なのは食事の内容です