MENU

発酵食を取り入れて

みそ、しょうゆ、納豆、酢、塩麹などの発酵食は、
生きた乳酸菌が豊富。

 

消化吸収を整え、腸内環境を健やかにしてくれます。
できたら毎回の食事にこれらの調味料や食材を取り入れたい。
とくに、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含む納豆はオススメ。

 

 

水を1日12以上飲む
喉が渇く前にこまめに飲みたいのが水。
どんなに素晴らしい食事の内容でも、体内に水が少なければ酵素は働きません。

 

また、飲み水は質が良いほど酵素が活性化します。
人体に有害な物質が出ていないか、きちんと検査しているものや、
高山で採取されたものが理想。

 

 

 

ドレッシングには良質の油を !
油を摂らないと、ホルモンバランスが崩れるば かりか、賜内環境も悪くなります。
良質な油は適度に摂|ことを心がけて。

 

生の場合は「α― リノレン酸」を多く含むフラックスオイル、えごま油、
シソ油、加熱する場合は 酸化しにくいごま 油やなたね油がおすすめです

 

 

ドレッシング作りのPOINT

 

市販のドレッシングは 酸化した油や白砂糖が使われていることが多いので、
なるべく手作りにして、新鮮なうちに食べましょう 。

 

オイルを少しずつ加えて乳化させながらしっかり混ぜることで、
おいしくなります。小さなボウルと小さな泡立て器があると便利。

 

 

朝ジュースが排泄を助ける!
朝ジュースダイエットでヤセ体質をつくる朝ジュースダイエツトとは、
生のフルーツや野菜を使ったジュースから食物酵素を摂取し、ヤセるダイエット方法。

 

代謝が上がれば、体内の毒素がスムーズに排出されるようになり
脂肪の分解や燃焼も促進され、ヤセやすい体質に。